ぞうのふでばこ
by marippeセンセ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせです!
絵画と詩のウエーブ「秋の扉を開けて

 去る7月に行われた『魂の詩に新しい声を!』朗読集会出演文芸作家有志による、絵画とことばのコラボレーション展示です
 テーマは(秋) 絵画作品に触発され生み出されたことば
 あなたなら どんなことばを添えるでしょう
 響きあいのコラボレーション そして 
 その作品群の前で行われる演奏、朗読、ティーチインもあわせてお楽しみ下さい

 日時・・・2006年9月1日(金)12時から17時
       2日〈土〉10時から17時 
 13時から14時 作品朗読.ギター弾き語り
       3日〈日〉10時から17時 
 13時から14時 作品朗読.ティーチイン
             そして       
            憂紀・愛染千絵子による二人朗読劇
                 「青い月光の呼び声」
 場所・・・高松市天神前 朝日新聞社1Fギャラリー〈サニーホール〉

画家と作家の組み合わせ・・・
中村光幸?水落博 薩摩忠夫?守川慎一郎 塚田美栄子?谷口幹男・きどのり子 浜野光洋?田岡康宏 田岡康?真崎希代・藤原綾乃 住田佳瑞子?兵頭なぎさ 汐先裕美?中村獏 石原まこと?井上万梨恵 川光雄?夏田七重 かたち?吉川悠子 憂紀?喜田進次・山路まり子
スポンサーサイト
夏が半分
夏が半分過ぎて行く
潮の香りは島でもらった
膝まで夜の海につかった

夏が半分過ぎていく
霧の灯台の根方に海星
カキ氷のこぼれた輪じみ

夏が半分過ぎたけど
し残したことが多すぎて
話せないことが胸につかえて
夏ってこんなにさみしかったっけ
夏ってこんなにさむかったっけ

半分過ぎた夏を送って
半分残った夏に向かおう
さみしい言葉を海にちぎって
やさしい夕べの星をあおいで

半分残った夏を歩こう


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。