FC2ブログ
ぞうのふでばこ
by marippeセンセ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AWC
朗読を始めたきっかけは5年前にさかのぼる、
短歌の先生が、高松で活動する文芸作家を集めての朗読集会を立ち上げるから、出てみないかと声をかけてくれた。
それが「朗読集会、魂の詩に新しい声を!」
自作短歌を人前で読むという行為は、思いがけない高揚感をもたらしてくれた。短歌はうたうもの・・・古代から朗誦されてきた調べを声に出す事で実感できた。
それから「詩のボクシング」
これまた、審査員に選ばれた短歌の先生が、「短歌で殴りこみを掛けようではないか」と参戦を促してくれたのだった。とはいえ、その前にすでに私は応募を済ませていたのだけれど。
声を出す喜び、聞いてくれる人のいる喜び。単純に度胸だけを讃えてくれるだけの人も含め、さらに人の声を聞く、聞くことで耳を鍛える喜び。
テキストがあったとしても人の詩は字面は追わないで聞く。1回きりのパフォーマンス。俳優じゃないもの、聞くたびこちらに届く言葉は違う。私が語りたい言葉もその都度変わる。
いわゆる「作品朗読」とはそこが一番異なり、その故にこそ惹かれる世界。ひとりよがりとは紙一重・・・?いや、そうじゃない。

AWC(All Words Coa)「Coa」はAから始まりAで終わる、COREの響きと音から聞こえる意味(核)を借りた造語だと言う。こじつけっぽいけれど面白い。核、種、あなたの中心にある揺るがぬ物は何ですか?
その出会いはリビング新聞の小さな記事だった。一昨年の4月。
もうそんなになるんだなあ。遅れて黒船屋の重い扉を開けた所にあったのは、見たこともない朗読の場だった。
誰でも参加できるんだよ、みんなが経験とかは無関係に対等で、ただし人の朗読にはちゃんと耳を傾けること。そう教わった。「フルオープンマイク、フルメインキャスト」と言うんだと。
それならと、その場で書いた散文詩を読み上げた。「ぞうのふでばこ」の詩が誕生した。
それから毎月の黒船屋でのAWCが楽しみになった。日曜日の夕方からと言うのは、実は私には出かけにくい時間であったから、どうしても遅れることが多かったけれど、「出会い」がそこにはあった。

AWC香川は昨年末を以って一旦休止状態。冬眠が長く続くと、もう目覚めないかもしれない。再開の声が大きく聞こえてこないのは、実行委員というお役目をいただきながら怠慢な自分のせいかもしれない。

詩を読む、詩を聞く、それだけの事なんだから気楽にやれそうなものなのに。

火は消したくない、それだけのこと。




スポンサーサイト
講演会・現代短歌
3月24日、大阪毎日新聞社 オーバルホールにて
『現代短歌フェスティバルin大阪』を聴講に行って来た。
それでわざわざ?と言われるけれど、わざわざ行かなくては出会えないこともある。おまけに18切符のシーズンである。
講演内容は後日まとめて概要を記載しようと思います。
興味ある方はご覧下さい。

もうすぐ・・・
4月いっぱいで今のお仕事、任期満了に就き退職。わあ、無職だ!
「無色」とも変換された。
人生が無色透明なんてありえないけれど、その時々で色が変わる。
今はどんな色
明日はどんな色
無色になったら人間もいっぺんリセットして
新しい色に染まるのを待とうか
まとうか は「纏うか」に変換される。
どんな衣を纏うのか。
はたまた、重ねすぎた衣を脱いで身軽になるのか

身につくかどうか自信はないけれど、これまで避けてきた言語、中国語の初級教室に来月から通うことにした。基本のキ
発音が中心らしい。
誰かが言った、中国語は世界でもっとも音楽的な言語であると。

どなたでも結構です、個人的に手ほどきして下さる方を広く募っております!!
どうぞよろしくお願いします。

P.S.「どうぞよろしくお願いします」が最後の七・七になっている短歌作品集があります。面白いので、探してみてくださいな。
きかいおんち
キカイ音痴である。
使いこなせない。

マ、それはどうでもよくって、ただ、久しぶりに書き込みしようと思って思いつかないだけ・・・あ、あった!

最近はインターネットカフェに週1の割合で行くのだけれど、1時間までは無料で出きるところを見つけた。

ひとつは高松、番町のアイパル香川、2台しかないけれど、留学生用に置いてあるのを使うことができる。

もうひとつも当然高松、サンポート、高いほうのビルの4階にある公共機関、e?とぴあ香川。夜は閉まるのでだめだけれど、昼間はOK.
で、今そこにいます。これから月に一度の短歌の勉強会。

低いほうのビルの3階にネットカフェがあったのだけれど、いつの間にか閉店になっていたのでがっかり・・・

というわけで、何かの御用でお越しの方はどうぞこちらをご利用ください。利用が少ないと、ここまで閉じるかもしれないから心配です。



またまたお出かけ
東京に遊びに行きがてら、社会人1年生の長男と旅行に行くと言ったら、うらやましがられたり奇特な息子さんだと言われたり。
単に2月いっぱい深夜バスが往復15,000円というお得さに引かれただけなんだけれど、幸い彼の日程も空いていて、それなら温泉へでもという事になっただけの事。行き先は?二人とも行った事のないところ、日光に決定。ところがあれこれありまして・・・

さて、先週の金曜日の夜、駐輪場に自転車止めて出ようとしたら、バッグの紐が隣の自転車のかごに絡まったのが第1のトラブル、エレベーターに乗ろうと思ったら下りが来たのが第2のトラブル、階段駆け上ったら!バスが!お願い待って!必死に走って信号待ちのバスのドアをたたく、その席は前のバスだと車掌さんが急いで降りて前にいたバスを開けてくれる。かろうじてセーフ!先客の白い目線。汗だらだら。

まあ、何はともあれ、空気を入れる枕やら腰に当てるフリースやら乾燥防止のマスクやらの長距離バスグッズのおかげで車内は快適に過ごして
しっかり眠って東京着。
あれ?ヨドバシカメラ。西口じゃん!
前回のJRバスは南口だったのに!しまった、迎えに来てくれるって言ってたのに間違えちゃった・・・急いで電話、良かったつながって。しかもまだここにくる途中。急遽待ち合わせ場所を上野に変更。第3のトラブルだあ!大丈夫かな???
さてそれからは順調に。東武の特急電車は遅い時間でないと空席がないというのでJRでのんびりと。上野から宇都宮までラピッドで。そこから各駅で。長男は電車のプロなのでひたすら付いて行くのみでいいから気楽、高校時代までにJRほぼ前線踏破したつわものだもの、ちょっとじまん!
ところが発生、第4!上野からの切符がない。日光にやっと着いたというのに・・・でも窓口でラピッドの券を見せて自己申告で乗り越し料金だけで終わったよ、もう大丈夫♪

5番目は、私はカメラを忘れた上、息子のデジカメの充電が乏しかったので写真が十分撮れなかったこと、6番目は泊まったホテルにアメニティグッズが整備されてなく、うっかりヘアブラシを忘れたため、行ってる間中髪がもつれてたこと。

それから日光見学したり、そこでの結婚式に遭遇したり、華厳の滝のつららに感動したり、雪をかぶった山に感動したり、この冬初の雪に触ったり、鼻のてっぺんが凍りそうな夜にもめげず鬼怒川温泉を散歩したり、都内に戻ってからは新国立東京美術館で黒川紀章展見たり、かつて高松にいた友達とあれこれ人生について語り合ったり、高田馬場の「BEN’z CAFE」のポエトリーリーディング(東京では10年の歴史を持つ大御所的イベント)に参加して優勝して(ただし参加者は6人でした)チップ1,575円也をもらったり、初めて都電に乗って巣鴨に行って試食三昧したり、原宿ヒルズ歩いたり、たまたま同時に上京していた地元の親友と新宿で落ち合い、共通の知人に北京ダックご馳走になったり、楽しく過ごして、最終日、帰りのバスに乗る直前に帽子を落としたことに気づいてしまった。7番目はこれだったか。チャンチャン!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。