FC2ブログ
ぞうのふでばこ
by marippeセンセ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シング!シング!
歌ってきました!県民ホールの大舞台で。2006 JCI ASPAC高松大会オープニングセレモニーのフィナーレで。大感動、はじける楽しさに満ちた20分でした。
大ステージの最後部にある、せり上がりに50人近くのコーラス隊が3段の台に乗り、じわじわと上がっていくのです、真っ暗な奈落から71秒かけて。呼ばれて待機中、頭上のステージから特別ゲストのユン・ソナが歌っているのが聞こえてくるのです。そうして光が交錯するステージの歓声の中、いよいよ出番、われらがリーダー、ゴスペルシンガーの菅涼子さんの歌声が静かに広がっていきます。「明日にかける橋」、その途中から大合唱になるという手順、昼間のリハーサルではもたついて私たちの歌声は奈落から聞こえたというのに、まさに絶妙のタイミングで気持ちのいいこと、2コーラス目からはぺっカーさんのコンゴとセッションでマンボのリズムで歌い上げる、歌うってこんなに楽しくて気持ちのいいものなんだ、自分の一番伝えたい人のために声を届けてね、って先生のメッセージ、しっかり伝えたつもり、
ひたすら楽しく過ごせたことに感謝、誘ってくれた友達に感謝、菅先生に、ピアノのミレイさんに、一緒に過ごせた新しい仲間に感謝、
帰る道すがら、すれ違う関係者にいちいち、ありがとう、お疲れ様と声をかけながら、途中で韓国のうちわまでもらってしまいました。
今日はあいにくの雨だったけれど、高松に集う世界の皆さんがいい時間を過ごせますように!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。