ぞうのふでばこ
by marippeセンセ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤灯台
日中友好協会主催の壮行会でたらふくご馳走になったあと、ふと思い立って赤灯台へ向かった。通称・せとしるべ。赤いガラスでできたこの灯台は、高松のサンポート地区のシンボル。昼間はただ赤いだけなのだけれど、日が沈み内側から光を放つとにわかに存在を際立たせる。
灯台までは長い堤防。半分は木を張ってある。半分はコンクリート。木の道は一段高くなっていて、その高さの分だけ景色も違って見える。
散歩する人、ランニングする人、釣り人、恋人たち、それぞれがそれぞれの時間を大切にしながら波音に囲まれている。その景色に自分も溶け合いながらただの一人でしかない自分をしみじみと感じるんだ。
去年の夏は毎日のようにご近所の方と歩いて、ストレッチなどしていたのだけれど、ここの所すっかり遠のいていた。それはそれで楽しかったけれど、ここは一人がいい。もしくは・・・
海の色は日々変わる。月の形、雲の高さ、気圧の配置、時刻、歓楽街のネオンは水に映ると清らかに華やかに輝く。小さな観覧車が丸い形をなぞりながら点滅を繰り返す。フェリーが通る、漁船も通る、水脈が海面の光をかき分けて白く長く尾を引く。
この町は海に面する町。海面の低さの手すりに手をかけると潮の味がする。台風の日なんてとんでもない迫力で波が迫ってくる。たまらない景色!
この町が好きというのではなくて、この海が好きで此処にいるのかもしれないと思う、そんな夜の灯台までの道は裸足で歩こう。

しばし見納め。

赤灯台までの木の道自転車のおまわりさんも海を見ており
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

グッチのためにも一度は夏に帰っておいで
【2007/06/30 13:57】 URL | 45 #- [ 編集]


サンポートは良いよね。心を落ち着かせてくれる雰囲気があって。俺も何度も足を運び、時には1時間以上瀬戸内海を見続けていたあの日々は現在の自分の素晴らしい思い出だよ。一刻も早く高松に帰りたいなあ…
【2007/06/28 08:33】 URL | 震電 #BlidqVLA [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。