ぞうのふでばこ
by marippeセンセ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海 猥雑な光の街!
2007  7,1から4日
  
 いつ子ちゃんと二人旅、イン上海。
 今年は旅尽くし。中国下見という理由をつけて、格安旅行に引かれてしまった。出発は1日の夜。ホテルに着いたらもう9時じゃん!
 ホテルは予想以上に格下だったけど〈何しろタクシードラーバーが知らないって言うんだもの〉上海一高いグランドハイアットのバー・クラウドナインにて大人の時間(65元のアイリッシュウイスキーを私は1杯、いっちゃんは2杯)を着いた夜に決行。 
 二日目は団体行動〈と言ってもたった7人)の後は雑技団には見向きもせず足ツボマッサージに。
 おまけに雑技団のクライマックスのオートバイショーをトイレを借りに入ったら見ることが出来で、更に夜景の外灘で下ろしてもらってラッキー!和平飯店のオールドメンジャズバーを見に行くつもりが道路を横断できず、予定変更して光ぴかぴかの地下トンネルを35元で抜けて外灘の東岸へ。 そこでまた全然違う趣きの夜景を見ながらビールタイム。飲んでばかりじゃん。
 11時にすべての明かりがいっせいに消えてしまうのを見届けてからタクシーでホテルへ。ああ、充実。
 3日目のフリータイム。朝寝過ごしたものの9時過ぎにホテルを出てまずは上海のシンボル、明珠東方テレビ塔へ。350メートルの一番高い展望室まで登って周囲の景色を堪能。268メートルの2層目には周囲の硝子にどこそこ方向○キロメートルの表示が。あったよ、南昌!600キロメートル。明後日にはそこへ行くんだよ。遠いなあ、遥かだなあ、
 次いで豫園の「南翔楼饅頭店」へ。ここの名物は熱い肉汁をストローで飲む肉まん。
 フランス租界へ行きたくてタクシーで静安寺へ行ってもらったけれど、はずれだったと分かり気を取り直して地下鉄でその近くを目指す。プラタナス並木は確かに歴史を感じさせるけれど、決してお洒落な町ではなく。むしろ庶民の暮らす生活の場の随所に洋風の小汚い建物が建っているといった感じ。神戸の異人館とは全く違う。でも、このプラタナス並木を抜けて「フレディもしくは三教街」の歌が生まれたんだなあと一人納得。
 世界教会はつたに覆われ地味なたたずまいで通り過ぎてしまった。宋家の3姉妹で有名な茶房を目指してひた歩くも見つからず。なんとガイドブックに大きく取り上げられていた素敵なお店は、玄関の鉄の扉や金の金具に面影を留めてはいたものの住む人もなさそうな感じ。調度そこへその家を尋ねてきた人がいたので、ガイドブックを見せてHere?Closed?と聞くとうなずいた。
その後、亀ゼリーの店へ行くためにタクシーを捕まえようとするのにこれがなかなかの至難の技で。赤いタクシーはよく来るのだけれど、赤は個人タクシーで信用ならぬから旅人は乗ってはいけないと言われていたのでひたすらパスして20分以上かかってようやくゲット。
ガイドブックは便利だ。指差せばつれてってくれるから。
目的のひとつ、「海老亀」の亀ゼリーはコラーゲンたっぷりとか。少し苦いけれど味はまずまず、何よりコラーゲン コラーゲン!それにしても小さな店。日本人男性二人連れも入ってきて同じものを食べていた。日本人で儲かってる店は多いね。
新天地まで歩いて5分。夕食はここの「一座一茶」で。ファミレス風で安くて美味しい。いっちゃんが食べたデザートのマンゴーかき氷は絶品だったな。果実たっぷり。アイスものっかってて400円くらい。ここはとてもお洒落な一角。目的の最後、シノワズリのグッズも買ってすべてOK!
 光華やかなネオン耀く街、上海。そりゃあこれだけ電力消費したら地球に優しくはないだろうな。
 おまけに交通マナーの悪さ。車優先だもの、おちおち安心して横断歩道も渡れない。曇りでよかったと思ったけれど、きっとあれはスモッグ。からりと青空が見える日なんてあるのかなあ。
 思い切って決行した上海ツアーだったけれど来て良かった。中国の片鱗をかじったし。さあ、これからが大変だ。いっちゃん、さみしくなるよ。ありがとうね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。